kenichi kurosawa : 黒沢健一オフィシャルサイト


今度はハイレゾだっ!

黒沢です。
改めましてのインフォメーションです。

5月30日に高音質配信サイト「e-onkyo music」より、
昨年の12月10日に東京グローブ座にて行われたライブを配信する事になりました!

タイトルは「LIVE2011 NEW DIRECTION」です。
当日、本編で演奏された17曲を24bit,48khzのフォーマットにて配信する予定です。

ピアノ、サックス、トランペット、チェロの4人(NEW DIRECTIONS!)と共演した演奏は
東京で1日限りのライブだったので、このような形で皆さんに聴いていただけるのは
嬉しい限りであります。


当初、このライブから数曲を抜粋して、ミニアルバムの様な形でリリース出来たら・・・
とのアイデアはあったのですが、当日、録音を担当してくれたエンジニアの永井はじめ氏が
「僕がミックスを終えるまで選曲は待ってください!」との言葉を残し、待つ事数ヶ月・・・。

そして、永井氏のスタジオで出来上がったミックスをスタッフと共に聴いたのですが、
素晴らしい出来上がりで
当初のミニアルバムの構想から一挙に収録楽曲が増えて
「アンコールを除いた当日の流れをそのまま収録した」
ライブ盤が出来上がりました。

当日来て下さった方も、会場に来れなかった方も楽しめる音源になったと自負しています。
是非、聴いてみて下さい。

そして、もう一つのニュースが、
今回の「LIVE2011 NEW DIRECTION」の配信と共に、
「e-onkyo music」からrpmよりリリースされた僕の作品4タイトルも
24bit,48khz、(DRMフリー!)の高音質フォーマットにて配信されます。

24bit,48khzって何?と思う方も多いかと思いますがざっくり説明しますと
僕達ミュージシャンやエンジニアがスタジオで作った音を
殆どそのまま皆さんにお届け出来る!
ということです。

rpmよりリリースされた僕の作品のマスターファイルは
全て24bit,48khzなのですが、
CDという規格でリリースする際は、
どうしても16bit,44.1khzという形に圧縮しなければなりません。
それによって失われる情報も多いのでそれをマスタリングやミキシングの最終段階での
作業によってCDにする際になるべく元の音源に近い形で聴いていただけるように、
我々も努力しているのですが、やはり、
一番オリジナルに近い形で聴いていただけるのが一番の望みですし、
今回念願かなってその機会が持てた事がとても嬉しいです。

ダウン・ロードしたファイルの再生方法等はここで書くと長くなって
しまいますので、「e-onkyo music」のサイトをご覧になってください。

今回の配信にあたり、エンジニアの永井氏とかなりの時間を掛けて
配信化する際の音の調整を行いました。
各アルバムにおいてスタジオで拘って作った音のニュアンスや、
曲によって違うミキシングのキャラクター、ライブ会場での空気感など、
CDでお聴きいただいていたときより、また一味違った音源になっていると思いますので、
是非聴いてみて下さい!

追伸・・・・。

今回の配信音源は、過去の物も含めて最高の
自信作です!


黒沢 健一

| - | 2012.05.27 Sunday |
HEAR ME NOW
LIVETIME BEST “BEST VALUE
LIFETIME BEST “BEST VALUE
黒沢健一 Banding Together in Dreams
線
24th-floor_youtube
:: LATEST FEATURE
:: ARCHIVES
このページの先頭へ
news bio works live feature mail