kenichi kurosawa : 黒沢健一オフィシャルサイト


45's love song

HEAR ME NOW LP発売記念!!

木下裕晴さんよりコメントいただきました。ありがとうございます!

レコード残りわずかとなって参りましたので、

悩んでる方は後悔しないようお早めにお手元に置いてやってください。

 

 

 

 

皆さんにもその当時の空気や景色を思い出させてくれるという曲が

あるのではないかと思います。

以前もこのfeatureでスタッフの方も言ってましたね。

黒澤健一の「45’s Love Song」は僕にとってまさにそういう曲です。

 

当時、アルバイト先の友人に誘われて、初めてラギーズ(黒澤兄弟がやってたバンドです)を

吉祥寺のライブハウスに観に行きました。

本編の最後と、アンコールで「45’s〜」を演ってました。

何故2回演ったのか。確かドラマーがサポートの方だった為、アンコール用の

曲まで用意出来てなかったのが理由だったと思います。

 

ライブが終わって挨拶しました。そして僕がその日の昼間に出席した大学の教科書の

白紙部分に連絡先を書いて、健一と交換しました。

当時はスマホどころかガラケーもない時代。

 

その後、友達付き合いが始まるのですが、ある時「45’s〜」の収録された

デモ集をもらいました。TDKのグレーのカセットテープに10曲くらい入っていたと

思います。「45’s〜」は確か2曲目。

「Hear Me Now」に収録させてもらった「45’s〜」の最後に登場するバンド演奏が

この時のデモの音源です。

 

ラギーズは僕がライブを初めて観てから、わりとすぐに自然消滅の様な

状態(すみません、詳しくは分かってないです)になってしまったので、

生で「45’s〜」は聴けなくなってしました。

そこで友達になったのをいいことに、健一、秀樹と僕の友達のドラマーを誘って、

渋谷のリハスタで「45’s〜」を演る機会を作りました。

「45’s〜」の他にも3〜4曲くらい演ったと思います。

それから音楽活動を共にしますが、「45’s〜」を一緒に演奏したのは

これが最後でした。

 

僕が健一の曲に初めてベースラインを考えたのは「45’s〜」です。

その後、バンド、ソロと長きに渡り健一曲のベースを弾きますが、

正直自分でも何を弾いたか忘れてる曲も多いです。

今回「Hear Me Now」の企画を事務所の江口さんから聞き、僕も

参加させていただくことになって何を演ろうかと考えた時に、

自然と「45’s〜」を思い出しました。

そして何となく弾いてみるかと弾きだしたところ、最後までちゃんと

覚えてました。

約30年も昔に考えたベースラインでしたが、身体が完全に覚えてましたね。

 

「45’s〜」は僕にとってそんな曲です。

この曲を聴けばいつでもあの時の吉祥寺のライブハウスや、渋谷のリハスタに

戻れるのです。当時、健一は20歳でした。まだエルアールは存在していない時の

話です。

 

「45’s〜」はAメロ、Bメロ、サビの構成でしたが、サビだけが英語でした。

ある時、これは何て歌ってるのか聞いたところ、ラブソングのシングル盤の

タイトルだよと教えてくれました。

レコードコレクターらしい素晴らしいセンスだと今でも思います。

スタッフの方が、サビ部分に登場するレコードジャケットをこのコメントと

一緒に載せてくれるそうです。

是非、サビの歌を聴きながら見てみてください。

 

資料提供 this boy 菅田泰治

 

 

| - | 2018.08.13 Monday |
HEAR ME NOW
LIVETIME BEST “BEST VALUE
LIFETIME BEST “BEST VALUE
黒沢健一 Banding Together in Dreams
線
24th-floor_youtube
:: LATEST FEATURE
:: ARCHIVES
このページの先頭へ
news bio works live feature mail